Q1: ご自身の活動紹介をお願いします。

武本氏:日本に旅行に来る外国人の方向けの個人ツアー「SHIOYA TOUR」と「KOBE BEEF AND KITANO TOUR」を2018年より開始しました。
.

Q2:武本さんが現在の活動に至った経緯を教えてください。

武本氏:卒業後に旅行会社で国内外添乗員として就職しました。お仕事で日本人のお客様と日本国内、国外のいろいろな街を訪れました。私自身もともと外国が好きでニュージーランドでワーキングホリデーをしたこともあります。添乗員として10年ほど勤めたのですが、結婚を機に退職しました。子育てが少し落ち着いてきたので、また働きたいと思ったのですが、まだ会社に勤めて添乗員をするには時間的に無理がありましたので、家庭との両立を考えて、個人でAirbnbを使って参加者を募り、個人で街歩きツアーをする事にしました。もともと私自身、海外に行っても、観光地よりも、地元の人々の普段の生活に興味がありましたので、そんな現地の生活が垣間見れるツアーをしたいと思いました。
.
Q3:実際にはどんな国から武本さんのツアーに参加されるのですか?

武本氏:記念すべき初めてのお客様は香港から来てくれた20代のカップルでした。ドキドキの第1回目だったのですが、3人で塩屋の町を歩き、喫茶店でお茶をして、まるで海外から昔の友達が遊びに来てくれたみたいで、私自身もとても楽しかったです。香港の他には、中国、台湾、マレーシア、インドネシア、アメリカ、インド…ほんとうに世界のいろいろな国からのお客さんが来てくれています。
.
Q4:武本さんがお仕事をされていて一番楽しいことを教えてください。

武本氏:世界中にお友達ができる感じが醍醐味です。神戸にいながら、外国の人と親しくなれる感じは、私が添乗員として外国の街を訪れた時と同じように、外国に近い感覚です。
.
Q5:逆に大変な事や気を遣われている事はありますか?

武本氏:現地の(神戸の)人、住人の方々の理解を得るように努めています。外国の人にとっては、食べ歩きが普通でも、日本人はその場所によって、とても迷惑に感じる方もいらっしゃいます。 そのあたりの摩擦を防ぐのも私の役目と思っていますので、事前にツアー参加者の外国人の方に日本の常識を説明したり、またツアーに回らせてもらっている地域の方々にご理解を得るように事前にご挨拶に回ったりしています。おかげで私自身も以前より、地域の方々とより近く、仲良くなれて嬉しいつながりも広がっています。
.
Q6:今後の抱負があれば教えてください。

武本氏:神戸の良さを世界中の方に広めて、神戸旅を楽しんで頂く事を目標に、日々、小さなところから活動を続けていきたいです。また今の日本の子供たちは国内志向の子供が多い気がするので、もっと広い視野を持った人に育ってほしいと思います。子供たちが見る日常の風景に外国人の人がいて、自分たちの地元を楽しむ外国人の方々の視線を通して、神戸の町の魅力再認識、そして海外にも目を向けるきっかけにもなれば思います
私個人的な夢は、訪れてくれた人たちの国や町を、いつか私が旅してまわりたいです。老後の楽しみに取っておきます。

神戸起業操練所: 日本人も外国の方と一緒に武本さんの案内で塩屋や北野を歩きまわれたらとても楽しそうですね! 武本さん、本日はありがとうございました。

いつも優しい笑顔で接してくださる武本さん。その場の雰囲気を和ましてくれるお人柄は、持っていらっしゃる才能と添乗員としていろいろな方々と接してこられたご経験ならでは!ですね。今後のご活躍を楽しみにしております。

★武本さん主催【facetoface】のFBページはこちら↓
https://www.facebook.com/facetofacekobe/