Q1: ご自身の現在の活動紹介をお願いします。
.
谷井氏:現在は映像制作をしています。結婚式の映像、ダンス映像、プロモーションビデオ制作等をしています。映像制作に出会って10年くらい経つのですが、この4月1日に開業届を出しました。けじめをつけて、「前に進むんだ」って自分自身に染み込ませたかったんです。
.
.
Q2: 谷井さんが現在の活動に至った経緯を教えてください。
.
もともとパン職人を目指して神戸に出てきました。パンの専門学校を出て、就職、その後ウエディングの音響・写真・映像をプロデュースする会社でバイトを始めました。そこで初めて映像制作に出会いました。そこからまた、アート活動をする人に出会ったり、ダンスに出会って、自然な流れで結婚式以外の映像も撮るようになりました。
.
.
Q3: 今一番撮りたいテーマはありますか?
.
自分らしくある姿、アイデンティティ、愛?みたいなものを映像で表現したいです。例えば「らしさ」って、言葉で表すの難しいですし、自分でも気づかない所にあるものだと思うんです。映像だったら、表現できるんじゃないかな?って。普段見えない感覚や想いを映像を通して表現する。あとは、とにかく楽しいFUNNYな作品。
ここに至ったきっかけは、3年前、“目”の絵を描いている時期に、たまたまTHE BLACK EYED PEASの “Where is the Love?” という曲に出会ったことです。そこから無意識に テーマが愛になる作品を作ってました。
.
.
Q4:今年の1月から3月に開催したPROJECTION-KOBEのレポート映像を制作していただきましたが、実際に制作をしてみてどうでしたか?
.
谷井氏:いい経験をさせてもらいました。ちょうど映像で起業を考えていた時期に、操練所の起業相談会に行ったのがきっかけで、お話を頂きました。
実際やってみて難しかったのが、クライアントの要望をいかに映像に反映させるか、講義の内容を私自身が理解することです。講義自体が興味深くて、撮りながら学んでました。意識したのはクライアントも気づいてない部分にアプローチすることです。喜んでもらえるものを、自分の感覚を生かして作れるのは、やっぱり嬉しいと感じました。
.
.
Q5.:“SKYMAKRx神戸起業操練所のクリエイターズワークショップ” には、受講者としてご参加いただきましたが、参加された感想を教えてください。
.
谷井氏:グループワークが面白かったです。色々な分野のクリエイターとグループになって課題に取り組む作業があったのですが、各自の視点が違うのが、足し算ではなく“掛け算”になるチームワークの楽しさを味わいました。
.
.
Q6. : 難しかった事、また学んだ事はありますか?
.
谷井氏:どこまで自分を主張していいのかがよく分からず戸惑いました。時間が短くて大変でしたが、出来栄えには満足です!よく頑張ったと思います。自分がチームの中で出来ること、人それぞれの特性を考えたり、どういう役割をすると上手く回るのか?「チームワーク」を学びました。
.
.
Q7.:最後に谷井さんの今後の抱負を教えてください。
.
谷井氏: 心に足跡を残せるような映像を作りたいです。自分自身が楽しみ、楽しんでもらえる表現をしたいです。映像という枠だけに捕らわれず、素直に表現と向き合って生きていきたいです。
.
.
神戸起業操練所: 今後、ますますのご活躍を楽しみにしています!本日は楽しいお話をありがとうございました。
.
神戸起業操練所: 明るい笑顔の瞳の奥にきらりと意思の強さが光っている谷井さん、ハンサムでチャーミング、クリエイターと呼ぶよりアーテイストの方がしっくり、そんな印象です。PROJECTION-KOBEの映像でもそのセンスと実力は実証済みです。時代とともに、そしてご自身の思いとともに、表現する物は変化していきそうですね。

★谷井さんのHPはこちら↓
https://asamoda-life.com/

★PROJECTION-KOBEの映像はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=9Lsq3ZsGzkM