Q1: 現在の活動について教えてください。

内藤氏:結婚祝いや出産祝いに贈るフォトフレームやウェルカムボード、プロポーズ時に贈るフォトブックなどを完全オーダーメイドで制作しています。ネットショップでの作品の販売やイベント出展などもしています。

.
Q2: 内藤さんが起業に至った経緯を教えてください。

内藤氏:美大卒業後デザイン会社で働いていたのですが、もっと自分のしたい仕事がしたいと日々思っていました。ただその時はまだ、自分が何をしたいのかわかりませんでした。3年間勤めた後、「人生観が変わるような経験をしたい」という気持ちから、ワーキングホリデーでカナダへ行きました。1年間という限られた期間「今しかできないことをしたい」と考え、英語を学びながら現地でのアルバイトやボランティア、色々なことにチャレンジしました。そのような経験を通して、私の限られた人生においても、もっとチャレンジしたい、もっと自分らしく生きたいという思いが強くなりました。そんな想いを胸に、帰国後、オーダーメイドギフトを制作するHearko(ハーコ)という事業を立ち上げました。

.
Q3: 事業内容はどのように決めたのですか?

内藤氏:もともと、人のために何かを作ることが好きで、知人からウエディングアイテム、ウェルカムボード等の制作を依頼を受けることがあったのですが、自分が作ったものを喜んでもらえることがとても嬉しかったのがきっかけです。これを私の仕事として確立させたい!と決断しました。

Q4: 神戸起業操練所クリエイター育成講座、ACE-KOBEにもご参加いただきましたが、受講されたきっかけを教えてください。

内藤氏:、普段自分ひとりでやっているので、ネットワークが作りたかったというのと、ブランディングにも興味があったので受講しました。

.
Q5: 実際に受講されてどうでしたか?

内藤氏:学ぶことは本当に多かったのですが、特にチームでワークショップが一番印象深いです。以前は自分にとって負い目だと思っていたことが、チームメンバーの視点を通して客観的に見ることで、利点にもできることがわかり大きな学びでした。

あとACE-KOBEの受講を通して、自分の苦手な事はもっと得意な人に頼むという選択を知ったのも大きな収穫でした。もともと私は何でも自分でやってしまう、なんとか自分でやってしまおう、とする性格なのですが、チームでのワークショップを通して、自分の苦手な事はそれがもっと得意な人に頼む、そして自分の得意なことに専念する、というやり方もあるという事を学びました。それぞれの得意分野を担当して、チームで一丸となって取り組む、という作業も新鮮で楽しかったです。

.
Q.6: 内藤さんの今後の目標や課題はありますか?

内藤氏:現在しているプロポーズフォトブックの制作を発展させ、プロポーズ全体をプロデュースしていきたいです。従来の定番のプロポーズとは一味違った、カジュアルなプロポーズで、神戸の観光地を利用する等、神戸の街の活性化にも繋がる仕事がしたい、と考えています。

神戸起業操練所: 内藤さん、ありがとうございました!

クールビューティーでとても素敵な内藤さん。描くビジョンはクリアで一つ一つ確実にステップアップされている姿がとても印象的です。プロポーズを絶対成功させたい男子達の女神のようにも見えます(笑)。今後 “ウエディングの街KOBE”としての魅力もどんどん引き出してくださいね!ご活躍期待しております。

.
📌内藤さんの事業のウェブサイト↓
【完全オーダーメードのギフトサービス:Hearko】
https://www.hearko.com/