勉強会では東京都の創業支援施設 ”Startup Hub Tokyo”で、ソーシャルビジネス関連の企画・運営にも携われた、寺田雅美さんをファシリテーターにお迎えし、ソーシャルビジネスで起業した方々の幅広い事例をケーススタディでわかりやすく学びます。

ソーシャルビジネスでの起業を考えている方はもちろん、ほかの分野でも、起業・新規事業を考えている方、様々な起業事例からあなたの事業アイデアのヒントを見つけに来ませんか?

また、現在募集中(平成31年度)の神戸市ソーシャルビジネス推進助成については、神戸市市民参画推進局よりご説明いただきます。神戸市内でソーシャルビジネスを始めたい方、ソーシャルビジネス開始より2年以内で助成金に興味がある方、特におすすめです。

◼︎こんな人におすすめ

  • ソーシャルビジネスを知らない人、興味がある人
  • ソーシャルビジネスや社会に役に立つ事業をしてみたいと考える個人、又は法人
  • ソーシャルビジネスの事例を学び自分のビジネスに生かしたい人
  • ソーシャルビジネスはボランティア的事業?と思っている人
  • 神戸市のソーシャルビジネス支援策と助成金制度に興味のある人

など

*ソーシャルビジネスとは? 社会課題の解決に向けて、自立的・継続的に提供されている事業をソーシャルビジネスといいます。

**********************************************************

日時:平成31年4月19日㈮ 18:30〜20:45 (受付開始 18:15〜)
定員:50名 (先着順)
場所:神戸市産業振興センター 9階
参加費:無料 、交流会に参加される場合は1,000円(軽食とお飲み物)

【スケジュール】

  • 18:30~19:30 ソーシャルビジネスケーススタディ 事例紹介
  • 19:30~20:00    神戸市のソーシャルビジネス推進策について
  • 20:00~20:45 交流会 (希望者のみ)

【ファシリテーター】寺田 雅美(てらだまさみ)氏

東京都品川区出身。2019年3月まで東京都創業支援拠点「Startup Hub Tokyo」にてイベントプランナーを務める。キャリアの原点は環境教育における「インタープリテーション(自然案内人)」。その後、日本科学未来館等で「科学コミュニケーション」に計6年従事。「最先端の科学技術と社会の橋渡し」役の一人として、多方面の専門家らとともに「未来社会」をテーマとする対話の場を多く開催。「多様な価値観が行き交う交差点(hub)のような場」にいる、創ることがしごとの醍醐味。Startup Hub Tokyoでは「社会起業家シリーズ」をはじめ、100近くのイベント企画・運営に携わる。2019年4月より、「ないものはない」をコンセプトに持続可能なまちづくりを進めている、島根県の離島 海士町(あまちょう)へ拠点を移し、働きかたー暮らしかたの新たな妙を見出す事に挑戦中。

【協力】:神戸市市民参画推進局 参画推進部市民協働課

 

***************************

【イベント参加にあたってのお願い】

・交流会参加費は当日受付にてお支払いください。現金のみの対応です。
・座席は自由席となります。
・当日、受付の際名刺を頂戴いたしますので、ご準備の程よろしくお願いいたします。
・ご記入いただきましたお客様の個人情報は、本イベントに関する確認・連絡・アンケート、
及びに弊社運営の施設やセミナーなどのご案内等をお送りする場合に利用させていただきます。
・ご都合がつかなくなった場合は、お早めに神戸起業操練所までキャンセルのご連絡を
いただけますようお願い申し上げます。
・イベント中にお写真を撮らせていただき、HP, SNS等で使用する可能性がございます。
写真に写りこむことに差支えのある方は受付時にお申し付けください。
・参加者全員が有意義な時間を過ごせますよう、ご協力をお願いいたします。
他の方のご迷惑になるような行動はご遠慮ください。