Q1: 現在のご活動についてお教えください。
松井氏:2018年8月より、神戸市須磨区で学習塾「ウィズ・トゥギャザー」を開校しています。親子で一緒に学べる学習塾として、12歳までのお子様を対象に国語・算数・英語といった教科だけでなく、速読速聴やイメージトレーニングを活用して集中力やコミュニケーション力を高め、自分で考えながら楽しく学び成長するための「自立学習教育」を行っています。

 

Q2: そのご活動に至ったきっかけを教えてください。
松井氏:幼少時から五感のなかでも嗅覚が敏感で、なぜか、「匂い」からその家庭の雰囲気や家族の仲の良さまでも感じ取ることができました。その体験から、住宅と家族の関わり合いが私のなかできわめて重要なキーワードとなりました。また、松下幸之助氏に憧れていたこともあって、ナショナル住宅建材株式会社(筆者注:現在の「パナソニック ホームズ株式会社」)に入社しました。
住宅業界に携わって、住宅と家族の理想的な関わり合いを追求するなかで、いつしか、住宅と家族の関わり合いの「匂い」の変化、たとえば、立派な住宅を構えたのにご家庭から幸福感や満足感が変化し、違和感を覚えることが多くなりました。その違和感の根本的な原因が、男女雇用均等法など社会的変化の中でお母さんも働く家庭が増え、ご家庭で子育ての悩みが複雑化していることに気づいたからです。そこで、住宅と家族の関わり合いをもっと掘り下げて、家族と子育ての関わり合いを良くするお手伝いがしたいと思うようになり、現在の活動に至っています。

 

Q3: イメージトレーニングを活用した自立学習教育とは、どのようなものですか?
松井氏:半ば強制的にやらされる勉強ではなく、自ら進んで楽しく学習する姿勢や自己肯定感を身につけることを目的として、心理学に基づくトレーニングや右脳学習を実践しています。
アスリートが競技前にイメージトレーニングをしている姿を目にしたことがあると思います。最近、日本のアスリートがオリンピックなどの世界大会で好成績を残すようになった背景には、イメージトレーニングの浸透があるのですが、まだ日本では、スポーツ以外でイメージトレーニングを活用した学習教育や人材教育というのは、馴染みが薄いかもしれません。
私はイメージトレーナーとして認定を受けておりますので、イメージトレーニングを活用して、自ら進んで楽しく学ぶ姿勢や自己肯定感を養い、「自立した人間として成長する」ための学習教育を効果的に行うことができます。

 

Q4: 自立学習教育の対象を12歳までのお子様と限定されていますが、それには何か理由があるのですか?
松井氏:ご存知のように、人格の形成は12歳までで完成すると言われています。あらゆる可能性を秘めた人格未完成の段階で適切な教育を施すことは、「自立した人間として成長する」ためには、とても大切です。

 

Q5: 12歳までのお子様の自立学習教育では、これまでどのような反響がありましたか?
松井氏:勉強に気が乗らないお子様が、初めて自分の意思で学ぶことに積極的になったとの反響や、お子様の主体的な意思を尊重して他の習い事や塾通いを辞めて当塾へ通うことにしたとの反響などを頂いております。
また、開校以来、無料体験学習(筆者注:ウェブサイト「 心学塾ウィズトゥギャザー 」から申込可能)を体験された親子は、その皆様が当塾へご入会されています。

 

Q6: 12歳までのお子様だけでなく、企業向けに社員研修も行われているとのことですが、その社員研修は、各企業のいわゆる社員研修とはどのように違うのですか?
松井氏:通常、企業が行っている社員研修は、実務を首尾よくこなすための研修であったり、仕事のスキルアップのための研修であったりすることがほとんどです。
しかし、それでは、仕事に対する社員のモチベーションや目標に対する社員の集中力を高めることはできません。また、主体的な働き方を社員自らが実践して、制度にただ倣うだけでない本当の意味での働き方改革を実現することもできません。

 

Q7: 社員研修としての自立学習教育では、これまでどのような反響がありましたか?
松井氏:現在は主に、口コミでご紹介いただいて社員研修を行っておりますが、経営者と従業員の皆様から、これまでこのような研修を受けたことがない、もっと早くやってもらうべきだった、これからは継続的にぜひお願いしたいとの有難いお言葉を頂戴しております。
この事は自分も研修生と同感です。もっと若い時に知りたかったと思います。

 

Q8: 最後のご質問となりますが、ご活動の今後のビジョンや方向性についてお教えください。
松井氏:今後は、口コミ紹介に限らず、ウェブサイトや広告等を通じて、イメージトレーニングを活用した自立学習教育をより広くご提供することによって、さらに多くの親子や社員の皆様が、自己肯定感をもって親子の絆を深め強くし、また、夢ある未来を自らの意思で切り拓けるようになるお手伝いを続けたいと考えております。

 

***

【神戸起業操練所:インタビュー後記】

⚓事業を成長させるには理念が大切なように、人を育てるには心持ち、それもポジティブな心持ちが大切ですね。松井さん、本日は大変お忙しいなか、インタビューにお答えくださり、ありがとうございました!

⚓松下幸之助さんに憧れておられたとの通り、温厚でしかも謙虚なお人柄の松井さん。そのご活動は、松井さんのお人柄を映し出したかのようで、生き方や働き方の多様化が進むこれからの社会に、世代を超えて必要とされる知見だと思います。これから益々の松井さんのご活躍を応援しています!

★松井さんの「心学塾ウィズトゥギャザー」のウェブサイトはこちら↓

https://withtogether-sumaschool.jimdo.com/