神戸起業操練所 会員規約

第1条 (総則)
「神戸起業操練所会員規約」(以下「本規約」という。)は、公益財団法人 神戸市産業振興財団(以下「財団」という。)が運営する会員組織(以下「本会員組織」という。)の規則を定めるものとする。

第2条 (名称)
本会員組織の名称は、「神戸起業操練所 メンバー(仮称)」(以下「本会員」という。)と称する。また、本会員が利用できる、当該拠点の名称を「神戸起業操練所」(以下「本拠点」という。)と称する。

第3条 (目的)
本会は、神戸市が進める「都市型創造産業の集積」事業の趣旨も踏まえながら、企業・社員、大学・学生、個人起業家、クリエイターなど多様な人材が交流・融合する「場と機会」を提供することにより、新規企業の立ち上げと新事業の創出を支援することを目的とする。

第4条 (事務局)
1 財団は本会の事務を行うため、事務局を設置する。
2 財団は事務局業務を委託する。委託を受けた事業者は、本規約に定める全ての規定の遂行に関して、財団の代行者としての権限を有するものとする。
3 事務局は「本拠点」内に置く。

第5条 (提供するサービス)
1 本会は第3条の目的を達成するため、本会員に、次に掲げるサービスを提供する。
WEB、E-mail、SNS等による各種情報提供。
イベント・セミナー等開催。
相談員による個別相談対応。
本拠点におけるワーキングスペース、ミーティングスペースの提供。
(ただし、第6条に定めるプロジェクトメンバーのみとし、施設や設備の利用に関しては、別途定める「神戸起業操練所 施設利用規約」に基づく。)
事業化に向けたパートナー探索・チーム組成、各種イベントの共同運営等、本会員同士の交流や新事業創出を促進するための活動の個別サポート。(ただし、第6条に定めるプロジェクトメンバーのみとする)
その他、本会の目的を達成するために必要な活動のサポート。
2 財団は、本会員の事前の承諾を得ることなく、本会員サービスの内容を変更することができる。

第6条 (本会員)
本会の会員種別は、次の各号に定める者とする。
メンバー :起業及び新事業の創出に関心を持つ者又は神戸で活動するクリエイター

プロジェクトメンバー :メンバーのうち起業や新事業創出に向け具体的に準備をしている者

第7条 (入会)
1 本会に入会しようとする者(以下「申込者」という。)は、事務局が指定する様式において、本規約および個別に定める「個人情報の取り扱い」の内容に同意したうえで申込むものとする。
2 プロジェクトメンバーは、事務局が別途承認した者とする。

第8条(本会員期限)
本会の会員種別ごと有効期限は、次の各号に定める期間とする。
①メンバー : 特に期限は定めない。
②プロジェクトメンバー: 入会承認より6か月とする。本人が延長更新を希望する場合、改めて申請し、事務局が認めた場合に限り期限を延長することが出来る。以後、同様とする。

第9条 (資格)
申込者は、前条による入会を認められ、事務局より通知を受けた日をもって各会員としての資格を有するものとする。

第10条 (本会員の義務)
本会員は、本会で得た秘密情報を第三者に提供してはならない。
本会員は、第3条の目的に鑑み、積極的に本会の活動に参加するものとする。
本会における活動によって、知的財産等が生ずる可能性があるときは、それらの帰属については、当事者間であらかじめ書面をもって明確にすることとする。
本会員は、本会員登録の内容に変更が生じた場合、速やかに変更事項を事務局に提出しなければならない。
本会員は、事務局の実施する成果ヒアリング等に協力しなければならない。

第11条(退会)
本会員は別表の退会届を事前に事務局に提出することで、任意に退会することができる。

第12条 (参加費用)
本会への入会費用、及び施設利用に関しては原則無料とする。
ただし、COPY、プリンターの利用や、飲料等の提供に関し、実費を負担する場合がある。
また、イベント・セミナー等においては一部参加料(実費相当分)を徴収する有料催事も含まれる。

第13条 (禁止事項)
本会員は、本会活動を利用して以下の行為を行ってはならない。
本規約第3条(目的)に定める、目的以外での施設利用。
他の会員もしくはその他第三者に対する、当施設を使った勧誘、斡旋行為。
他の会員もしくはその他の第三者の権利・利益を侵害する行為。
他の会員もしくはその他の第三者を差別もしくは誹謗中傷し、又は他者の名誉もしくは信用を毀損する行為。
本規約、別途定める施設利用規約等、公序良俗、法令もしくは刑罰法規等に違反し、または事務局が不適切と判断する行為。

第14条 (本会員の資格喪失)
1 本会員が次の各号のいずれかに該当すると事務局が判断し本会員に通知した場合には、本会員はその資格を喪失する。
本規約に違反した場合。
本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をした場合。
事務局から連絡を取ることができない等、本会員継続の意思がないと認められる場合。
その他除名すべき正当な事由があると事務局が判断するとき。
2 資格を喪失した者は、資格喪失後1年以内に本会の会員情報を用い、本会と競合する活動をしてはならない。

第15条 (免責事項)
本会への参加に伴う本会員同士の商談・取引・契約等について、財団及び事務局は何ら保証等するものではなく、これら及びこれらに基づいて生じたいかなるトラブル・損害についても、財団及び事務局は一切の責任を負わない。

第16条 (本会員サービスの終了)
1 財団は、本会員に事前通知をした上で、本会員サービスを終了することができる。
2 財団は、サービス提供終了の際、前項の手続きを経ることで、終了に伴う責任を免れるものとする。

第17条 (規約の変更)
1 財団は必要に応じ、本規約を変更できるものとする。
2 財団は、規約を変更しようとする場合には、あらかじめ変更内容を会員に通知または公表するものとする。

附 則
本規約は、平成30年7月1日から施行する。

制改定履歴
制定  平成30年7月1日【初版】


神戸起業操練所 施設利用規約

本規約は神戸起業操練所(以下「当施設」という)の施設利用について定めるものです。御利用に際しては、本規約の内容を十分に御理解頂き、これを遵守してください。

利用者
当施設の会員向け施設及び機材・通信環境等を利用できる者は、公益財団法人 神戸市産業振興財団(以下「財団」という。)及び財団が本施設の運営を委託した運営事業者(以下「事務局」という。)が指定する様式において、本規約および個別に定める「神戸起業操練所会員規約」及び「お客様の個人情報の取り扱いについて(メンバー登録用)」の内容に同意したうえで申込み、事務局が入会を適当と認めた者とします。

利用条件
当施設内における会員が利用できるスペース及び機材等は、新規企業の立ち上げや新事業の創出に取り組む方が、事業立ち上げ準備等を行う目的で行われる活動を対象に、無料で利用提供するものです。
上記、利用条件に合わない活動の場合には、事務局が判断して利用をお断りする場合がありますのでご承知おきください。

施設利用の制限
次に該当する場合はご利用できません。利用者は当施設の運営主旨を理解し、他利用者との協調と協力のもと施設の安全管理に努めてください。
(1) 政治的、宗教的な活動目的での利用
(2) 趣味や文化活動等の同好会活動
(4) 学友会や同窓会活動
(5) 反社会的な団体等の使用
(6) 他の利用者に不都合または支障を生じさせるおそれがあると認められるとき
(7) 当施設の設備・備品を損傷するおそれがあると認められるとき
(8) 当施設の管理・運営上、支障があると認められるとき
(9) 前項条件に定める「新規企業の立ち上げや新事業の創出に取り組む方が、事業立ち上げ準備等を行う目的」以外での当施設利用
(10)その他、事務局が利用条件に合わないと判断した活動目的での利用

施設利用の受付
利用者は当施設受付にて、会員ID、氏名、入室時刻を所定の方法で記入・記録し、退室時にも同様に会員ID、退室時刻を記入・記録して頂きます。
利用者には入館時に利用受付証をホルダーに入れてお渡しいたしますので、利用中は常に身につけてご利用下さい。
なお、当施設内スペースの予約はできません。

当施設の所在地と利用時間
所在地:  神戸市中央区東川崎町1丁目8番4号神戸市産業振興センター 10階
運営時間: 平日  10時00分~18時00分 (但し、入館受付は17時30分まで)
なお、土日祝日、年末年始や施設の管理運営上の保守点検日等はお休みとなります。

利用可能設備、備品について
利用者は次の設備の利用が可能です。併記する事項を遵守して利用下さい。
(1)電源の利用:家庭用100Vを提供します。電源タップケーブルよりPC等への電源利用が可能です。利用者1人あたり1口の使用といたします。
(2)無線LANの利用が可能です。セキュリティ対策は利用者の責任により行ってください。
(3)空調、照明は共用です。室温や照度の調節は事務局にて行いますので、スイッチ等に触れないでください。
(4)当施設内、及びビル館内は全面禁煙です。建物内に喫煙スペースはありません。
(5)利用時に出たゴミは原則お持ち帰りください。ゴミの持ち込み、放置はお断りします。
(6)当施設に駐車場・駐輪場はございません。来場に際しては公共交通機関等を利用
いただくか、別途費用を負担して近隣の駐車場を御活用下さい。。
(7)利用者が使用できるコピー機、プリンターについては、受付カウンターにてお申込みくだ
さい。実費でご提供いたします。
(8)当施設における飲食は原則許可いたしますが、周囲環境への配慮、利用後の衛生保持
などモラルをもってご利用ください。事務局が不適当とみなした場合は、退去いただく場合もありますのでご注意ください。

利用者の責務・禁止事項
利用者は次の事項を遵守してください。
(1)利用者は常に善良なる利用者の注意をもって当施設及び設備・備品を利用してください。
(2)利用に際して、当施設の設備及び備品を棄損・汚損・滅失したり、他の利用者に損害を与えたりした場合、直ちに当施設運営スタッフにその旨を連絡し指示に従ってください。この場合、利用者は運営事業者及び相手方の被った損害を賠償しなければなりません。
(3)飲食において、イベント・セミナーなどの懇親会で主催者側が用意した場合を除き、アルコール類の持ち込みは禁止いたします。

免責
(1)利用者が他の利用者の所有物等を棄損・汚損しても財団及び事務局はその損害を賠償する責を負いません。
(2)利用中に生じた利用者の所有物等の盗難・棄損については、その原因に関わらず、財団及び事務局はその損害を賠償する責を負いません。
(3)故意または重大な過失によらない火災、盗難、諸設備の故障等による損害について、財団及び事務局はその損害を賠償する責を負いません。
(4)不測の事故、天災地変及び官公署の命令・指導などにより、当施設の利用が不可能な事態が生じた場合、利用者がこれによって損害を受けても財団及び事務局はその損害を賠償する責を負いません。
(5)当施設の電源及び無線LAN等を利用して、パソコン等の不具合、データの消去・漏洩等の事態が生じた場合、利用者がこれによって損害を受けても財団及び事務局はその損害を賠償する責を負いません。

規約の変更
財団は必要に応じ、本規約を変更できるものとします。

附 則
本規約は、平成30年7月1日から施行します。

制改定履歴
制定  平成30年7月1日【初版】