神戸起業操練所メンバーにインタビュー

操練所のアイコン画像操練所

川本さんが起業しようと思ったきっかけを教えてください。

川本さんのアイコン画像川本さん

結構長いですけどいいですか?笑

操練所のアイコン画像操練所

もちろんです!

川本さんのアイコン画像川本さん

独立開業願望が強いというか、いつかは一人で自分のペースで仕事したいと思ってきたんで、そのいつかをいつにするか、っていうことだけだったんですけど、四柱推命でこのタイミングで開業すれば絶対成功するっていう年廻りが、ちょうど2016年だったんで、占いに背中押してもらっての開業なんですが、業種はぶっちゃけ(笑)なんでも良かったんです。ただ、好きなことをやりたい、と。

操練所のアイコン画像操練所

なるほど、好きな事業で開業という想い&四柱推命がきっかけだったんですね。

川本さんのアイコン画像川本さん

そうなんです。私はそれまで、外大を卒業して貿易事務をしてたんですが、もっと自分の色を出せる仕事がしたいと思って、昼間は工務店とか建築関係の会社や住宅供給公社で働きながら夜間に建築専門学校へ行って、2級建築士の受験資格を取って、土木のコンサルに就職してCADオペをやって、それから国家試験受けて2級建築士に合格して、やっと建築業に就職するかと思いきや、土木・建築業界特有の好きだからできるけど拘束時間が長く残業もつかない、帰りが深夜になる生活してたんですが、男社会でタバコの煙にもやられて、咳喘息みたいになっちゃって。

操練所のアイコン画像操練所

あら、それは大変でしたね。せっかく勉強して、やっと好きな事を仕事にしたのに、第1の壁、到来ですね。

川本さんのアイコン画像川本さん

そうなんです。好きでもできることとできない事がある!と思ってすぐ貿易事務に舞い戻ったんです。派遣社員としてパナソニックの子会社で2年働き、その後、親会社で2年強くらい働いて、神戸に引越しするタイミングで離職して、その後、人生で初めての接客業を有馬温泉で2年経験し、造園屋さんでも1年、経理や提案書作成とか色々させてもらいました。

操練所のアイコン画像操練所

いろいろご経験されたのですね。

川本さんのアイコン画像川本さん

本当にいろんなことをやってきたんで、造園屋さんを出産で退職する頃には、いろんな技術が身についてたので、もう何でもできるな〜、って感じでした。

操練所のアイコン画像操練所

まさしく起業に必須なスキルアップとメンタル、両方同時に鍛えた感じですね。

川本さんのアイコン画像川本さん

たまたまだったのですが、結果としてそうなりましたね。また出産後、家がめっちゃ散らかる経験をして、片付けを学ぼうと整理収納アドバイザーの資格を取ったのですが、自分が捨てられないタイプの人間だったことを発見するんです。それで、ライフオーガナイザーを取ることになり。ライフオーガナイザーを取ると、思考の整理もできるので、長年思ってきたことがクリアになってきて、そうだ、建築士+ライフオーガナイザーで開業しよう!って思い立ったんです。

操練所のアイコン画像操練所

女性が経験するライフステージの変化と共に、仕事があるという印象ですね。ライフオーガナイザーのお仕事について教えてください。

川本さんのアイコン画像川本さん

ライフオーガナイザーというのは、アメリカ生まれのお仕事なんですが、アメリカではプロフェッショナルオーガナイザーという専門職があって、思考と空間の整理のプロと呼ばれています。アメリカでは何でもプロに頼んで解決するんですが、例えば、離婚調停とかでもすぐ仲介に入ってもらったりですね。そんな文化なので、他人が家の中に踏み入るというのもそんなに抵抗なく受け入れられて、プロに効率良く片付けてもらう方が無駄がないというか、お抱えオーガナイザーがいるのが一種のステイタスのような、そんな風に日常に溶け込んだ職業なんです。2008年12月に日本に持ち込まれ、日本ライフオーガナイザー協会が設立され、そこからライフオーガナイズの概念が広まっていき、今に至るというところです。

操練所のアイコン画像操練所

わたしもアメリカに10年位住んでいたことがあるので、よくわかります! どんな分野でも専門職やプロがいるアメリカですよね。日本だったら、家族で話し合って解決する事でも、アメリカはプロに任せてて、いつも驚いていました(笑)

川本さんのアイコン画像川本さん

私は建築士でもあるのですが、ライフオーガナイズの考え方は、建築とも相性が良く、動線を短くすれば散らかりにくい空間を作れるのですが、そこを仕事にしてしまおうと考えたことから、片付け+内装デザインという業務内容にしました。

操練所のアイコン画像操練所

なるほど、それが川本さんが代表を務める、株式会社アトリエ葉の事業にもなっているのですね。

川本さんのアイコン画像川本さん

はい、アトリエ葉では、この他に、輸入物置の販売・施工代理店としての事業も行っていて、輸入物置+外構工事も大きな収入の柱になっています。

操練所のアイコン画像操練所

ハードとソフトの事業展開ですね。

川本さんのアイコン画像川本さん

この他に、今期、定款を書き換えて、寺子屋事業、化粧品販売、家具の輸入販売も展開していきます。

操練所のアイコン画像操練所

暮らしにまつわる事業がどんどん広がっていて、素敵ですね。川本さんは、4年前に法人を設立されたということですが、個人事業から法人化したのですか?

川本さんのアイコン画像川本さん

いえ、実はいきなり法人で立ち上げてるんです。でも、個人事業から始めたほうが資金繰りは楽じゃないかと、今になって思います(苦笑)。個人の時はすごく余裕があったのに、法人成りして、資金面で本当に大変そうにやってるお友達とか見てるんで、最初に個人でやってたら法人にはしてなかったかもしれません。 ただ、法人にして良かった点は、私の場合は、フットワーク軽い分、簡単にやめるとかできてしまう性格なんですけど、法人にすると、やめる事が簡単じゃないんで、そういう意味で、やり出したらやめられないところが、自分にとっては継続できる理由付けになっていて、資金的な苦労は多いですけど、続けられているのかもしれません。

操練所のアイコン画像操練所

前向きですね!法人化はある意味、コミットする事ですものね。その分責任が生じるし、社会的にも信用されるという。

川本さんのアイコン画像川本さん

片付けにしても、物置にしてもやっぱり、収益は少しづつ増えていくものなので、一気に大成功!みたいなことは、普通に考えて「ない」ですしね。地道な努力と粘り強さと、あとは、どんどん人に会うことしかないですけど、人に会うのもお金かかりますからね。やっぱり資金が一番大切じゃないでしょうか?その辺りは、法人だと借り入れもしやすいし、うちみたいな建築が絡む事業内容だと法人かどうかで、受注できるできない、が変わってきたりするので、法人じゃなかったら取れてない仕事も沢山あるかもしれませんね。

操練所のアイコン画像操練所

なるほど、お金がかかる分、利点もちゃんとあるという事ですね。 事業をされていて、苦労されたことはありますか?

川本さんのアイコン画像川本さん

苦労ですか、そうですね、クレーム対応ですかね。暗い話になっちゃいますけど。輸入物置はオーストラリア製なんで、日本人の感覚からみて少し違う部分がクレームに直結しやすいというのと、販売元の会社は売ったら終わりなんで、こっちが全部被るみたいなところがあって、そこは常にジレンマですね。勉強勉強!と思ってやってきてますけど。組立てをやってくれる大工さんや、土木工事をやってくれる工務店さんが、孫とか娘と接するみたいに、色々と教えてもくれますし、すごく良くしてくれるので、何とかモチベーション下げずにやってこれてますけど、本当に周りの人のおかげです。

操練所のアイコン画像操練所

前向きですね。大変な事も苦労も勉強!とご自身の糧にされている姿勢が素晴らしいですね。 最近始められたという、寺子屋事業について教えてください。

川本さんのアイコン画像川本さん

はい、寺子屋事業は、息子がこの春に小学生になるのですが、放課後児童クラブが、託児の要素が強いため、ただ宿題をした後、遊んで過ごすのでも悪くはないですが、同じ時間を過ごさせるのであれば、彼にとって意味のある時間を過ごせるような寺子屋があればいいな、と思ったことがきっかけで、事業を始めることにしました。

操練所のアイコン画像操練所

働くママならではの事業展開ですね!

川本さんのアイコン画像川本さん

そうですね!自然発生的に始まった感じです。以前から一緒にコラボセミナーをしていた風水鑑定師の先生が、校長先生を8年勤め上げた方で、教員としての長い経験と枠にはまらない自由でおおらかな発想と包容力をお持ちなので、この方なら子供の発想力や芽を伸ばせ、子供達のコミュニケーション能力を養う上でも間違いないということで、4科目の担当をお願いしました。また、生き抜く力を育てる、という部分で、外せないことに、モノをしっかり見ること、時間の管理能力や納期に間に合わせる調整力とか、そういった社会人になったときに必要になる力を育む必要があるという思いから、現役のクリエイターでもある先生にデッサン教室を受け持ちしてもらうことも決まっています。どんな有名な大学を出たところで、社会に適応できなければ意味ないですから、得意を探して得意を伸ばし、競争力のある沢山の使える切り札を持つ人間になれるようなお手伝いをする、そんな寺子屋です。

操練所のアイコン画像操練所

得意を探して得意を伸ばす。大切なことですね。川本さんの、経営者として、個人としての目標を教えていただけますか?

川本さんのアイコン画像川本さん

輸入物置の代理店を卒業して、オリジナルブランドである2坪ハウスを全国展開していきたいと思っています。2坪ハウスは住宅と違って小さい空間なので、本当にいろいろな提案ができるので、デザインも楽しめて、気に入ってもらえるような空間が手頃な価格帯で実現しやすいし、やっている私の方も楽しめると思っていて。個人としては、自分のこういった経験を活かして、いつか人の役に立てるような事が出来たら良いな、と思っています。

操練所のアイコン画像操練所

最後に、これから起業したいと考える女性や学生に対して、先輩起業家としてメッセージをお願いします。

川本さんのアイコン画像川本さん

そうですね。大したことは言えないのですが、一番大切なのは情熱かと。どんな技術より、人を動かすのはやっぱり情熱だから、情熱に勝る能力無し、って言いますけど、本当にそこだと。情熱があれば応援したいな、ってみんなが協力してくれるし、能力なんて最初からなくたっていいと思うんです。走りながら転びながら成長していけばいいかと。だから、この資格取るまで、とかそんな事言ってないで、どんどん踏み出してしまうことも一つかな、と思います。資格資格って言ってる間に冷めてしまったりしますしね。あとは、会社員の友達や先輩、親に相談しない。相談したところで、日本では反対意見しかもらえないので、そこは自分の人生なんである程度自分で判断してやっていくしかないと。実際にフリーでやってる人に意見を聞くことは有意義だと思いますけどね。踏み出す勇気、止める勇気、会社を辞めることで失うことやモノへの恐怖や執着、色々あるかと思いますけど、いろんな感情も、大切にしながら、先に一歩踏み出してみて、また違った場所にいる自分を見るのも、面白いかと思います。起業を志す皆さんの人生が、ますます楽しい人生になりますよう応援したいと思います。

操練所のアイコン画像操練所

「情熱」と「親しい人に相談より、自分で判断が大切」ですね! 起業されたからこそ出てくる実感のこもったアドバイスありがとうございます。

<右が川本さん>

操練所のアイコン画像操練所

本日はお時間頂きありがとうございました。また4月16日に開催する、神戸起業女子会でのナビゲーターも楽しみにしています!

<インタビュー後記>

小柄で華奢な外見からは想像もできない、行動力と情熱をお持ちの川本さん。神戸起業操練所のイベントやセミナーにも何度もご参加いただいているのですが、今回インタビューをさせていただき、女性らしくライフステージを上手に活かした事業をされている事がよくわかりました。子育てと事業をリンクさせる感覚は起業される女性にとって憧れであり大きなヒントではないでしょうか。

<プロフィール>

川本葉子<かわもと ようこ>さん 株式会社アトリエ葉 代表取締役

新小学1年生になる男の子の母。ライフオーガナイザー®+建築士で2016年5月に開業。開業して丸4年。開業初年度は片付けと講師業のみ、2年目からオシャレな輸入物置「ユーロ物置」の施工販売代理店となる。兵庫県下での施工実績最多代理店。

現在は、事業内容に「片付け+内装デザイン」「物置+外構デザイン」の他に、寺子屋事業や美容事業などを盛り込み、多角的に運営している。

★アトリエ葉のウェブサイトはコチラ→ https://yo-atelier.com/

★お仕事中の葉子さん<ユーロ物置施工 のYOUTUBE動画
目次
閉じる