全3回!デザイン思考であなたのビジネスモデルを最適化ワークショップ DAY1終了しました!

全3回!デザイン思考であなたのビジネスモデルを最適化ワークショップ DAY1終了しました!

今回は、神戸の街を元気にしたいというコンセプトのもとに集まった、経営コンサルタントのグループKobe Consulting Groupより、福嶋 康徳氏にお越しいただき、これからのビジネスを取り巻く環境や、ビジネスモデル構築に役立つ、ビジネスモデルキャンパスについてお話しいただきました

今のビジネス環境は、IoTやAIの台頭で、ビジネスの環境の変化が加速するとともに、グローバル化により、多くの影響を受け、今後の予測が非常に困難になっているといいます。

今後の予測ができない中で、ビジネスは、どうあるべきかという視点よりも、どうありたいか、という視点で進めていく必要があるそうです。

では、「どうありたいか」、というビジョンを事業を始めることに当てはめると、ビジネスを始める際に、自信の事業がどうありたいかを考えますよね…

〇〇というサービスまたは、自分のスキルを商品として売りたいなどなど…

しかし、ありたい姿だけでは、顧客に購入してもらえません。

そこで、登場するのが、ビジネスモデルキャンパス、通称 BMCと呼ばれるフレームワークです。

どのような顧客層にどのような価値を提供するのか、ということを深掘りすることで、自分の商品・サービスのターゲットへ、どういったアプローチをすれば価値を感じてもらえるかや必要なリソースなどの課題が見えて来るかと思います。

ビジネスモデルキャンパスは大きく分けると、以下の9つのパートに分かれます。

①価値提案
②主要活動
③顧客との関係
④リソース
⑤チャネル
⑥顧客セグメント
⑦パートナー
⑧コスト構造
⑨収益の流れ

ビジネスモデルキャンパス

講義では、それぞれの特徴や記入方法の説明があり、実際に、自分の事業に当てはまるキーワードを思い浮かべながら考えると記入しやすかったかと思います。

ワークショップのセッションではグループを組んで、お互いにヒアリングを行って、ビジネスモデルキャンパスを記入する作業を行いました。

充分な距離を保った中で、グループワークは行われました。

自分の考えているビジネスアイデアを人に聞いてもらい、その聞いた人が記入したビジネスモデルキャンパスを見ることで、
自分のビジネスを俯瞰してみることができたかもしれません。

神戸起業操練所からのご案内

神戸起業操練所ではビジネスアイデアのブラッシュ・壁打ちなど、起業準備者、起業家、企業内新規事業担当者のお手伝いをしています。

事業のブラッシュアップや壁打ちなどを希望される場合は、下記の申込フォームにて、相談会を申し込みの上、事業内容と相談内容に壁打ち希望とご記入ください。

▼イベント概要▼
【3回講座】デザイン思考であなたのビジネスモデルを最適化!ビジネスワークショップ – 神戸起業操練所 (kobe-ksj.jp)

目次
閉じる