【オンライン開催】テレワーク・リモートワーク・集客に役立つウェブセミナーvol.2~組織の持続的成長に求められる、リモートワークの在り方とは~開催しました!

先日、テレワーク・リモートワーク・集客に役立つウェブセミナーvol.2~組織の持続的成長に求められる、リモートワークの在り方とは~を開催しました。

シリーズ第2回目となる、今回は法人向けクラウド名刺管理サービスを提供しているSansan株式会社の後藤氏より、リモートワークの実態や課題とSansan株式会社のリモートワークへの取り組みなどをお話しいただきました。

リモートワークを導入することで、生産性が上がり、売り上げや経常利益が増加したのは大企業だけでなく、中・小規模事業者にも当てはまるそうです。

ですが、リモートワークの導入にあたり、

・属人的な顧客管理や人脈の共有
・社外からの社内情報にアクセス可能性
・メンバーや従業員の行動管理やマネジメント
・チーム・従業員同士のコミュニケーション

などが課題になっており、導入する企業も少なかったそうです。

また、近年では、セキュリティー問題が信頼度に大きく影響するため、コロナ前まではリモートワークが導入されることは少なかったのが現状でした。

クラウド名刺管理システムを提供しているSansan株式会社はリモートワークを積極的に導入しており、新型コロナウイルスが社会に影響を及ぼす前から、準備を行っていました。

リモートワークを成功させるには、環境(Tool)、制度(System)、風土(Values)の三位一体で推進することが必要だといいます。

ITツールの導入など形だけのリモートワークでは、コミュニケーション不足やマネジメント不足による生産性の低下を招くため、環境だけでなく、評価制度や労務管理などの制度、組織の価値観や経営陣の意識などもあわせて変えていくことがカギだそうです。

リモートワークについてではなく、株式会社Sansanの提供する法人向けクラウド名刺管理サービスの観点から、今後ITが推進することで、新たな情報共有や管理サービスがもたらす、新しい働き方のカタチについて教えていただきました。

クラウド上で管理することによって、データを蓄積することによるデータ化や場所を問わずアクセスができる、情報の共有の促進など、多くのメリットがあるといいます。

新型コロナウイルスをきっかけに見直されたリモートワークにですが、コロナ後の新たな働き方に向けて準備が必要性に気づかされたセミナーとなりました。

ご参加いただいた皆様、後藤様、ありがとうございました。

またのご参加お待ちしております。

 

 

 

目次
閉じる