「ネットショップにおける効果的なSNSの使い方」セミナー終了しました

昨日、ネットショップにおける効果的なSNSの使い方セミナーを開催しました。

講師にはWEB・ECサイトのデザインやマーケティングを手掛ける株式会社MH DESIGNSの共同代表の八原 にこ氏にお越しいただき、ネットショップとSNSとつながりや、SNSにおけるマーケティングなどについて、お話しいただきました。

今までは、あくまで、プライベート用に使用していたSNSですが、最近はビジネスのツールの側面も持つようになってきたといいます。

ビジネスがオンラインにも広がっていく中で、SNSはお店の看板やのぼりに相当するそうです。

オンラインマーケティングにおいて、よく耳にする言葉としてSEO(検索エンジン最適化)などが挙げられていますが、UGC(User Generated Contents)が重要になってきたそうです。

UGCはユーザーすなわち、消費者(個人)が作り出したコンテンツで、お店を訪問した後に投稿された感想やレビューなどが例に挙げられます。

UGCが重要視される理由はその信頼性にあるそうです。お店側が一方的に発信する情報よりも、消費者目線であることが多く、またハッシュタグ:#などで、情報がつながるので、ハッシュタグで消費者の意見を探しやすくなるので、情報の信頼性を高める側面を持っています。

かつて、UGCは掲示板やレビューサイトへの投稿によってのみ作られていましたが、最近は、SNSの拡散性とあいまって、SNS上でもUGCが生まれるようになりました。

SNSと一口に言っても、Twitter、Instagramなど多くのSNSがありますが、それぞれ、特徴があるので、ビジネスシーンや提供するサービス、目的によって運用方法によって使い分けが必要だそうです。

いずれのSNSを使用するにしても、一番大切なのは継続することとユーザーとコミュニケーションをとることです。

しかし、目的も見えないまま継続を目標にすると長く続きません。
そこで大切になるのがPDCAのサイクル(計画→実行→検証→改善・修正)を回すことだそうです。

SNSのマーケティングは基本的に一発で成功しないので膨大な時間や労力をかけ、
このサイクルを回す事こそがSNSの成功の秘訣になると八原氏はお話されました。

SNSの基本知識から、運用に必要な具体的なマインドセットなど、
多くの知識を得ることができたお時間になったと思います。

ご参加いただいた皆様、ご登壇いただいた、株式会社MH DESIGNSの八原さん、有意義な時間をありがとうございました。

目次
閉じる