年初最初のイベント、60分でわかる、初めてのプレスリリースの作り方セミナー終了しました。

先日、60分でわかる、初めてのプレスリリースの作り方セミナーを終了しました。

講師には、新たに着任した、神戸起業操練所コーディネーターの神庭が担当いたしました。

当初は神戸起業操練所で開催される予定でしたが、兵庫県が緊急事態宣言の対象地域に指定されたことに伴い、
オンラインでの開催に変更となりました。

さて、今回のセミナーのテーマはプレスリリースです。

そもそも、「プレスリリース」とは「プレス(新聞社)」と「リリース(放つ)」が組み合わさった造語です。
プレス(新聞社)とあるので、大企業にとっての手段と考えられがちですが、今となっては、メディア業界が変化し、中小規模の事業者や個人事業主にとっても、商品やサービスを知ってもらう有効な手段であると神庭コーディネーターはお話しされていました。

一般的な、有料で広告を打つことと同様、商品やサービスを知ってもらうことに変わりはありませんが、プレスリリースは異なる性質があるそうです。

その、代表例として、メディアに取り上げてもらえることが出きれば、第三者視点からの約款的な情報の発信になり、商品・サービスや事業の信頼度の向上につながるそうです。

そのうえ、有料広告よりも安価にできるということが特徴であるといえます。

しかし、メリットと同時に、デメリットも存在します。

特に、目立ったデメリットがありませんが、メディアは客観的な視点での報道になるので、内容がコントロールできない点と、メディアに取り上げてもらう難易度の高さが挙げられます。

しかし、メディアに取り上げられることでのインパクトは大きいので、広告との使い分けが必要だといえるかもしれません。

本セミナーでは、プレスリリースの概要を学ぶとともに、プレスリリースの構成や書き方を学びました。
初めから上手なプレスリリースを書くことは難しいかもしれませんが、何度も書き、見直すことで、いいプレスリリースが書けるようになるとのことでした。

セミナー後の質問タイムでは、時間が少しオーバーしてしまうくらい、質・量の質問が挙がりました。

ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

参加者の声

・基礎からプレスリリースの基礎が学べてよかった!
・実際のプレスリリースを見ながら学べたので、理解しやすかった!
・もっと、プレスリリースについて、学びたいと思うようになった!

など

お知らせ

このプレスリリースセミナーですが、当初、会場開催のため、定員8人と少人数での開催となり、一部ご参加いただけなかった方もいらっしゃいましたので、オンラインで定員を増員したうえで、追加の開催が決定いたしました!

詳細は以下のリンクより、ご確認ください。
https://kobe-ksj.jp/event-seminar/2021-2-pr/

目次
閉じる